本文へスキップ

    株式会社群馬保健企画

資料請求・お問い合わせ

〒371-0811 群馬県前橋市朝倉町839-6

教育・研修Education and training


◆医療・介護の担い手として、地域から頼りにされる薬局・職員をめざして各種社内外研修を重視しています

4.管理職研修

@主任研修
◆新任主任研修

◆実務研修(年1回)

法人主任研修  2017年6月22日 ◇法人主任研修  2017年6月22日
年に1度行われる主任研修会が音羽倶楽部で開催されました。 今回の主任研修は、今年度の制度教育テ−マ組織論についての学習と日常の管理運営の向上を目指す意味で職責者として必要とされるスキルの学習をしました。 具体的な文言を用いて、職責者に必要なスキルを学ぶ事ができ、すぐに実践できる内容でした。グル−プワ−クでは日頃の業務での主任としての悩みを話し合い、解決の糸口をつかむ事もできたように思います。業務から離れ、主任としての自己の振り返りのよい機会になりました あおば薬局渋川店 中曽根万喜 望月理津子 


A課長研修
◆新任課長研修

◆実務研修(年1回)

2017年課長研修会 2017年10月19日 ◇事務政策を語るつどい 2017年10月19日
今年度の課長研修では、会社定款や組織規程を再度学び課長の任務と権限について学習しました。また、〜避けることが出来ない問題にどう対処するか〜をテーマに講義がありました。様々なシチュエーションを例に、こんな時どうする?といった課長として身に着けたいスキルを学びました。部下の顔を一人一人思い浮かべ、自分の行動をあてはめながら講義を聴いていると、早く職場に戻って仲間の顔が見たくなる内容でした。 午後の医療福祉宣言の実践についてのグループワークでは、各店舗の具体的な実践例をそれぞれ発表しました。私たちが日常で行っている業務が「群馬保健企画医療福祉宣言」の実践にどう活かされているか、改めて振り返ることが出来ました。「健康サポート薬局」の取り組みや「接遇」の面で参考になることもあり、充実した研修でした。 あおば薬局前橋店 一之瀬説子
   

できる管理者になる5つの急所  2017年6月14日◇できる管理者になる5つの急所  2017年6月14日
30人弱位の受講でテキストを穴埋めしながら話を聞くスタイルでした。講師はモチベーションアップ株式会社社長の桑原さんです。はじめに自分の時給を計算してみましたが、自分を採用するか考えさせられました。 報連相は基本ですが、結論から言うと部下に対しても話を最後まで聞くことや他にあるか聞くことをしていきたいです。叱ることは難しいですが、言い方やタイミングなど、うまくコミュニケーションをとっていけたらと思います。 あおば薬局前橋店 稲川好     

リーダー・店長候補研修 2016年7月20日 ◇リーダー・店長候補研修 2017年7月20日
 この研修の主題は“リーダー・店長になるために必要なことを学ぼう”ということにあり、すでに店舗の課長という立場にある身としては、それにふさわしい態度で仕事に臨めているか、自分自身の日常の姿と照らし合わせながら講義に参加しました。 リーダーに求められるものは会社の期待を知り役割に応えること、目標達成のための指揮を執ること、組織力向上のために部下を指導することにあります。その評価を自分自身ですることは難しいので表す事はできませんが、リーダーの役割を全うする ために必要なマネジメントスキルを学ぶことができた研修でした。参考になったマネジメントスキルはPDCA法と長所伸展法です。PDCAは実際の業務でも行っていますが、やはり大切ということが再認識できましたし、検証の際には内部要因を探るという点 で反省ができました。うまくいかないことの8割は内部要因にある、そこを探れば改善策がだせます!と講師は断言していました。うまくいかないことの原因を外部要因(景気が悪い・天気が悪いなど)のせいにするのでなく、考え方を変えてポジティブ 思考であることも職場のモチベーションに変えるためにとても重要です。ぜひ実践していきたい項目でした。  最後に、成果は「能力×意欲×考え方」であり、知識や技術・経験だけでは60点であり、意欲や考え方が加わり、相乗効果で成果が生まれるものです。 仕事に対する姿勢や考え方をいつも振り返りながら業務に携わりたいと思いました あおば薬局渋川店 一之瀬 説子


B店長(管理薬剤師)・管理者研修
◆職責者合宿(4月)
◆店長研修会 
◆実務研修(年1回)

店長研修◇店長研修 2017年11月16日
今回の店長研修会は、今年度の制度教育テーマ「組織論」についての学習を「職責者・職場つくりの学習」に取り組む内容で行われました。研修会の目的は @店長の管理業務・役割を確認する。A次年度以降の体制検討 B今年度法人制度教育テーマ「組織論」を学び、職場つくりの実践に繋げるの以上3点を中心に論議が進められました。 まず、職員育成部長より、教育的観点から職責者には必要な8つのスキルがあり、避けることが出来ない問題にどう対処するか、職員の能力を引き出し、モチベーションを維持し、お互いが育ち合いの職場となるように努めていく関係を築いていくこと、最近では職責者がメンタルヘルスの基礎を学ぶことは、職員や職責者自身への対応の仕方にもなるなど、また離職率低下への効果になりえることなど、再認識させられることが多くありました。 保険薬局での業務は、安心・安全な医療を提供することはもとより、法律に則った事柄全てを遵守しなければなりません。全日本民医連保険薬局自主点検表に基づき、他店舗点検として店長とエリアマネジャーとが対となり、内部監査報告書を作成し、指摘事項から自店舗を見直し業務に反映しています。「店長の任務と権限」では、社内の『組織規程』から組織運営機構図に基づいての職務と権限を確認し、その権限の一部を他の方に委任又は代理させることで職員育成へ、組織の成長となっていけること、「組織論の学習」では、「管理者の基礎テキスト」を参考に、マネジメントの本質への理解、組織を動かすための原則などから 店長としての自覚と責任ある行動、組織の目標・方針が組織全体に理解され、明るい働き甲斐のある職場づくりと地域に根差し愛される薬局であり続けるよう貢献していくことを 各店長の決意とともに研修が終了することができました。 あおば薬局渋川店店長 高木敬子

 
 

ストレスマネジメント研修 ◇ストレスマネジメント研修   2013年6月5日
 人間が生きていく上でストレス自体は必要なものであり、それが最適レベルであれば平穏無事に過ごせる。しかし、あまりにもストレスがなければ怠惰な生活になるし、ストレスが過度にあれば不安や恐れなど、心身に影響を及ぼしかねない。それ故に、最適なストレスレベルを維持していく事が大切だということを改めて確認できた。 今回の研修では、人間関係に焦点をあてたストレスコントロールであったため、そのためにはどういったアプローチをしていくかという話が中心になった。職場の人間関係におけるストレスでは、ストレスの原因となるべきものを取り除くことは難しいので、認知行動療法=物事の見方・行動を変える捉え方で対処しましょう、という考え方をベースにした話が中心になった。 実際の手法としては、@リフレーミング(モノゴトを見る『枠組み』を変える事)を活用する事。A対処可能期間の醸成では、ストレスに悩むのはその対処方法が見えない、先が見えないからであるが、打ち手が分かると展望も開けてきて、希望が持てるようになる、ことを中心にした内容であった。Bサポートの姿勢では、普段の人間関係や組織の中でのサポートしやすい、受けやすい関係性や仕組みづくりが大切であることの話が中心だった。相手を認めることによって生まれる安心感・自己肯定感には、言語部分とともに、非言語部分も非常に重要であり、日々の小さなコミュニケーションの積み重ねや関係作りがいかにポイントであるか、改めて実感することができた。 人と人が相対する以上そこには大なり小なりいろいろな軋轢が生じるものだと思う。そこからストレスが生まれるが、最適なストレスレベル段階においては自分自身でコントロールもできるが、過度なストレスを感じてしまうと、自分では抱えきれなくなったり、ひどくなった場合は心身に障害がでてきて仕事や生活に影響を及ぼしかねない。そしてそれ自身がまたストレスの原因となり、悪循環につながってしまうと思う。 まずは何でも伝え合える組織づくり、適切な主張とフィードバックでストレス自体の少ない風土を作っていく事が何よりも肝心なのではないかということを改めて感じることができた。今回学んだことを職場づくりに活かしたり、マネジメントしていければいいなと感じた。
前橋店 高橋千晴  

労組組合・管理者に役立つ経営分析セミナ− ◇労組組合・管理者に役立つ経営分析セミナ−  2013年8月23日
  アカウンティングの視点と知識は、事業の運営を行う上で、最低限知っておくべきルールで、その要である財務諸表について理解を深めることです。財務3表と呼ばれる三つの財務諸表について、企業の一定期間の経営成果を表す(会社が利益を出す仕組み)損益計算書(P/L)、企業の一定時点の財政状態を表す貸借対照表(B/S)、企業の資金の流れ(フロー)を表すキャッシュフロー計算書(C/F)の概要とその中身について学習し、それらを使って、会社の収益性、安全性、生産性などをみる財務分析を行います。安全性分析は企業が財務的にどの程度安定しているかといった可能性を分析するもの、その指標として流動比率(短期の支払い能力)、固定比率、固定長期適合率(長期的な支払い能力)、自己資本比率(資金調達と運用のバランス)など。収益性分析では、売上に占める利益の割合儲けの度合いを考え、いかに効率的に利益を得ているかを分析するもので、総資本経常利益率、売上高経常利益率、総資本回転率など損益計算書の各利益や費用の売上に対する比率をみて、前年度比較等の過去との比較、同一年度における同業他社との比較、同業種平均値との比較を行ってその収益の原因を探っていきます。また管理会計の概念である「限界利益」「損益分岐点」を中心に演習を繰り返ししながら、計数管理能力を身に着けていくことや共通言語としての意味合いの入り口として理解することが出来ました。 基礎の基礎の内容ではあったかと思いますが、広い視点や視野をもつ第一歩として今回のセミナ−は、意味があるのではないかと感じました。
渋川店 高木敬子    




あおば薬局&コアラ薬局

〒371-0811
群馬県前橋市朝倉町839-6