調剤

 

 

各医療機関から発行された処方せんにもとづいて調剤します。
最適な服用時間、それぞれの医薬品における相互作用など、薬剤師としての力量が問われる仕事です。
正確に安全な薬を患者さんに渡せるよう、疑義照会などは積極的にしています。   

服薬指導

 

 

服薬指導とは、薬剤師が患者様に対して処方された医薬品の効能効果、副作用、使い方、飲み合わせ、保管方法の情報提供を行うことです。
また、その際には本当に患者様に必要な薬であるかどうかの確認を患者様から伺った内容や患者様背景、検査結果(患者様に配られた検査票をみせていただき)等から判断し、場合によっては医師へ問い合わせをします。
持ってこられた処方せんに記載された医薬品の内容だけではなく、別の病院の処方薬についても、お薬手帳を参考に併せて確認を行い、それらについても飲み合わせの確認、副作用の確認等をします。
お薬をお渡しした後も不安があるようなら、患者様に後日電話をさせていただき、薬が飲めているか、副作用がないか等の確認をさせていただくこともあります。

薬歴

 

 

患者様から伺った、その人個人のデータ(アレルギー歴、副作用歴、併用薬など)を記録し、投薬時ごとに伺った情報も、毎回ipadを使った電子薬歴に記録していきます。
患者様との会話の内容の記録を残しておくことで、次回、別の薬剤師が対応した場合にも患者様の状態をすぐに把握することができ、スムーズに服薬状況、副作用の確認ができるようになっています。

DI(ドラッグインフォメーション)

 

 

医薬品の情報収集や薬局内で発生した疑問、案件や患者さんから得た情報を収集、検討しています。
副作用の聞き取りや、早期発見に役立てたり、服薬指導に反映させています。

薬剤師による在宅訪問服薬指導

 

 

薬でお困りの患者さんの自宅や入居施設へ薬剤師が訪問し、
薬剤管理の支援と、薬による体調の変化を確認して治療に反映させます。

 

サービス内容
○お薬カレンダー等を使用した服薬支援。飲みやすい剤型への変更。
○薬の効果や副作用による体調変化を確認し、医師へ報告。治療に反映させます。
○市販薬や健康食品と、お薬の飲み合わせを確認します。
○複数の医療機関の薬もまとめて管理します。
○医師・看護師・介護職の皆様と連携して在宅医療を支援します。

介護

 

 

法人の理念に基づいて、福祉用具貸与・販売や介護用品の販売を中心に介護事業を展開しています。
患者、利用者の状況によっては、医療機関、介護・福祉事業所、NPOと連携し、誰もが可能な限り住み慣れた地域で安心して暮らし続けることが出来るようなサポートを行います。

各委員会活動

 当法人では、全職員が医療・介護・福祉・経営活動に参画し、共に成長できる民主的運営を目指し、全ての職員が各種委員会に参加し活動しています。

 

◆法人委員会
◎ 薬剤委員会:薬局のメインである薬物医療についての方針作成や情報交換など行なっています。
◎ 事務委員会:保険請求を含めた事務業務の効率化や法人全体の「カイゼン活動」等に取り組んでいます。
◎ 社保委員会:社会保障改善をめざし、学習やお客様や地域住民に知らせる活動などの先頭にたっています。
◎ 教育委員会:職員養成のための研修・学習会の企画、接遇改善の取り組みや一部制度教育などを担当しています。
◎ OTC委員会:各店舗のOTC商品等の売上状況や商品知識などについて情報交換を行なっています。
◎ 広報委員会:広報誌「コアラ新聞」を編集し、毎月発行しています。
◎ 薬学生担当:新卒薬剤師の採用活動や採用内定者のフォローをしています。
◎ 福祉用具担当者会議:福祉用具レンタル・販売事業の運営について担当しています。
◎ ホームページ担当者会議:法人ホームページ作成を担当し随時更新しています。

トップへ戻る