薬局実務実習の概要

主旨・目的

2006年度より薬学部が6年制となり、5年次に薬局と病院でそれぞれ11週間の実務実習が必須となりました。2019年度より薬学教育モデル・コアカリキュラムが改訂され、薬剤師として求められる基本的な資質の修得、薬の専門職として実践的な能力を養成する実習、大学、病院、薬局の連携などが目標として掲げられています。  

カリキュラム

薬学6年制における実務実習概要

 

・大学の正式なカリキュラムとしての実習
・実務実習事前学習 5週以上、知識・技能テスト合格者
・病院実習と薬局実習の連携  病院実習11週に続く薬局実習11週
・「実務実習モデル・コアカリキュラム」に従った実習
・学習成果基盤型教育(OBE)の考え方に基づいた実習方針
・処方せん調剤、在宅療養支援、セルフメディケーションの推進、地域保健・ 衛生活動への参加

 

当法人の実習受け入れ薬局はすべて健康サポート薬局の認可を受けています。特に在宅療養や地域保健活動についてはより詳しく学ぶことができます。

受入大学

2019年4月現在 
 高崎健康福祉大学
 城西大学
 千葉大学 
 新潟薬科大学 
 日本薬科大学 
 国際医療福祉大学
 日本大学
 明治薬科大学

認定実務実習指導薬剤師取得者

2019年4月現在 11名

トップへ戻る