実習風景・実習を終えての感想

2019年あおば薬局渋川店にて研修 T・Rさん(高崎健康福祉大学 薬学部) 

■あおば薬局渋川店での実習はいかがでしたか?
あおば薬局での実習は新しい事の連続で、毎日が充実していました。
豊富なカリキュラムと多くの薬に囲まれた環境は、知的好奇心を高められ、勉強する事の楽しさを感じることができました。
また、薬剤師業務は想像以上に幅広く、やりがいと同時に、命を扱う責任の重さを感じました。
この度の実習で学んだことを、今後の学生生活や将来薬剤師として働く際に活かしていこうと思います。

 

■将来どんな人になりたいですか?
薬の専門家として豊かな人間性、人の命と健康な生活を守る使命感、責任感、倫理観を持った薬剤師になりたいです。

 

■楽しかった事や、つらかった事はありますか?
最初は解らないことが多くて大変でしたが、少しずつ知識が増えてくると、業務や処方の意図が見えてきて楽しくなりました。 
        
椎間板ヘルニアの保存療法を行ている患者様    「夏休み子供薬剤師体験会」へ講師として
の服薬指導を経て実習報告をして頂きました。   参加して頂き、優しい指導で大好評でした。

2019年あおば薬局前橋店にて研修 Y・Nさん(高崎健康福祉大学 薬学部) 

■実習中印象に残ったこと       
薬局内の薬の種類の多さです。近くに病院があり、急性期や慢性期など様々な疾患を抱えている患者さんがいらっしゃるので、内服薬から外用薬、注射薬など様々な薬に触れる機会がありました。そのため、調剤をしているときに分からない薬があれば調べたり、服薬指導でも多くの疾患を体験することで知識を増やし、患者さんに合った服薬指導について学ぶことができました。

 

■将来どんな薬剤師になりたいか       
ただ薬や副作用について説明するのではなく、治療の経過を続けていく上で不安なことや心配なこと、また普段の生活についても相談にのり、患者さんの生活を多方面からサポートできるような薬剤師になりたいと思います。

 

■実務実習を終えての感想       
毎日が充実していてあっと言う間の11週間でした。実習中はたくさんの方にフォローして頂き、また多くのことを学ばせて頂きました。実際の服薬指導となると最初は緊張して上手く話すことが出来ず、これでいいのかと悩むこともありましたが、隣でアドバイスをくださり、経験を重ねることで少し自信をもつことができました。実習で得た知識と経験は国家試験だけでなく将来薬剤師として働く上でも役立てたいと思います。

2017年あおば薬局渋川店にて研修 Y・Kさん(日本薬科大学 薬学部)

■実習中印象に残ったこと       
特に印象深かった点として医療安全への取り組みが挙げられます。あおば薬局渋川店では調剤サポートシステムPORIMUSが導入されており、薬品違いや規格違いのミスが効果的に防止されていました。ミスを防止するシステムのメリットを感じると同時に、機械に頼りきるのではなく、調剤時のチェック手順を守る事で正確な調剤業務に取り組みました。

 

■将来どんな薬剤師になりたいか       
信頼される薬剤師になる為に「コミュニケーション能力」「知識量」「経験」の面でスキルを伸ばしていきたいと考えています。コミュニケーションでは、例えば体の不自由な方へは窓口の外まで行って処方箋を受け取るといった様に、相手の状況に合わせた対応を行なえる様な薬剤師になりたいですし、投薬の際には話しやすい雰囲気で相手の気持ちに寄り添った対応ができる様になりたいと考えています。

 

■実務実習を終えての感想       
たくさんの事を学ぶ事ができました。その中でも苦労した事として、投薬での質問の投げかけ方について「オープンクエスチョン(相手が自由に応えられる質問)」とクローズクエスチョン(相手に選択肢を提示し、答えを選択してもらう質問)」の使い分けがあります。ついクローズクエスチョンでの問いかけが多くなってしまったり、オープンクエスチョンに対する返答があっても、次の対応がすぐに思いつかず、指導を受けている薬剤師さんにサポートをしてもらう事もありました。知識と経験を積み重ね、より良い対応が行なえる様、自己研鑽していきたいと考えます。

 

 

トップへ戻る