2020年12月の記事

皆さんに安心して薬局をご利用していただけるよう、感染症対策を行っております。

感染症対策

皆さんに安心して薬局をご利用していただけるよう、感染症対策を行っております。
具体的にどのような対策を行っているか、各店舗ごとに紹介をしたいと思います。

 

あおば薬局太田店の取り組み
@不特定多数の間接接触防止のため、待合室のリニューアルの実施をしました。
例えば、椅子自体の間隔をあけ、間隔をあけて座っていただけるように、お願いの表示をしたり、新聞、雑誌、署名コーナーの撤去をしたりしました。

 

A受付全体に飛沫感染予防のカーテンを設置しました。

その後、投薬口はカーテンだと患者様のお顔などが見にくいので、塩ビ透明板のボードを手作りし設置しました。アルコール消毒ができるようアクリル板ではなく塩ビ版で作成。

 

Bボード越しの会話がままならない為、対話支援システムコミューンを購入し設置。
※コミューンとは:一般的なスピーカーのように声を大きくする訳ではなく、声を聞き取りやすいクリアーな音に変換し、その音を耳まで真っ直ぐ届けるスピーカーです。

 

 

C空気清浄機を購入し設置しました。

 

D出入口、待合室中央に手指消毒コーナーの設置

 

E風除室の自動ドア(店舗側)を常時開けたままにし、出入りの度に空気の出入りが行われるようにしています。

 

F常に窓を開け喚起
 冬は開けたままできないので換気システムの工事をしました。

 

 

 

コアラ薬局桐生店の取り組み
@待合室から不特定多数の間接接触防止のため、新聞や書籍等を撤去しました。

 

A入口から受付までの間に手指消毒用アルコールを設置。

 

B投薬カウンターには飛沫感染予防のカーテンを設置、最初はカウンターの横にポールを立てて、その上にポールを渡して間仕切りカーテンを下げていましたが、横のポールをテープで留めていたために?がれて倒れてしまうことがあり、天井から吊り下げることに変更しました。
また、投薬口はパネルを設置しました。

 

C朝〜日中は窓をあけての換気を行っています。

 

D入口やトイレの取っ手、カウンター周り、間仕切りカーテンの消毒・清拭も行っています。

トップへ戻る